toggle
2020-06-29

本日の日経オンラインより②ミッキーともソーシャルディスタンス!

いよいよディズニーランドも営業再開

Usu HeoによるPixabayからの画像

新型コロナウイルスの影響で、長らく休業していた東京ディズニーランド。

2020年7月1日、いよいよ営業再開されるのだそう。

「待っていました!!」というご家庭もあることでしょう。

私は地方在住なので東京ディズニーランドはそれほど身近な存在ではありませんが、再開するというニュースを聞くと気になるものです。

かれこれ10年以上前に行った東京ディズニーランド。

大人も夢中になる「夢の国」に子どもを連れて行ってみたい。

新型コロナウイルスはミッキーとの距離も遠ざける

園内では、ミッキーをはじめ多くのキャラクターと出会える機会がありました。

握手したりハグしたり。

生身の人間ではないものの、ミッキーとの触れあいは多くの人を喜ばせたはず。

しかし、新型コロナウイルスによって、ミッキーとも社会的距離を取らざるを得ないことに。

人気のキャラクターは来場者から離れて手を振るなど、「3密」を避ける措置を徹底する。

日経新聞|ミッキーとも社会的距離 TDR、3密対策を公開https://www.nikkei.com/article/DGXMZO60910510Z20C20A6EAF000/

入園前の待機場所では、地面にソースあるディスタンスを促す印。

入園時の検温はもちろんのこと、キャラクターには1メートル以上離れて手を振るなど交流。

レストランでもテーブル数を減らし、メニューはQRコードで自分のスマホから見られるようにするのだとか。

東京ディズニーランドでは、劇場型のアトラクションなどもたくさんあります。

扉を開放する時間を延長するなどして対応するのだそうです。

まだ終わらない…終わることはないのかも|新型コロナウイルスとの闘い

こうして「ごくありふれた日常」が当たり前ではなくなった現在。

「いつになったら元に戻るの?」

という声も聞こえてきますが、もはや、数年レベルで元に戻らないでしょう。

というか、もうこれまでの生活に戻れることはなく、これからの新様式になじんでいくしかないのかもしれません。

ミッキーとハイタッチし、ハグし合うのは、もう夢の世界でしか味わえないかも。

けれど、再開を喜び、またいつか家族で行ってみたい。

まずは、永遠になくなることなく、再開してくれたことに感謝したいと思います。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA